246 コロネーション (ゲレプ蒸留所)

コロネーション・ウィスキー
2012年、英国・エリザベス女王2世の即位60年を記念して、スコッチ・ウイスキー 「ダイヤモンド・ジュビリー」が発売されました(*1)。

女王が即位した1952年に蒸溜され、60年に渡り熟成を重ねた最高級モルトとグレーンのブレンド・ウィスキーです。
全世界で60本限定、1本が約1,300万円と言う、超高級なコロネーション・ウィスキーです。

(42)[旅] エリザベス女王Ⅱの戴冠式.jpg


さて、大英帝国が繁栄を極めたビクトリア女王時代、アッサム・ドゥアール地方の領有をめぐって、イギリス領インド帝国と戦った(1864~1865年)のがブータンでした。

そのブータンにも、国王の戴冠(coronation)を記念したコロネーション・ウィスキーが何本かあります。
1907、シルバー・ジュビリー(CSJ)、そして K5(ケーファイブ)です。

ゲレプ蒸溜所
ブータンでウィスキーを造るのはAWPです。

蒸溜所はブータン中央部、インドとの国境の町ゲレプにあります。
敷地面積は約75,000m2で、日本のニッカウィスキー余市蒸溜所(132,000m2)の1/2強の大きさです。

この蒸溜所が世界に誇るのは、卓越した人材と自然です。

第1は工場内に優秀なブレンダーを抱えること。
彼らが世界に誇るブレンデッド・ウィスキーを生み出します。

そして第2はヒマラヤの湧き水です。
世界最高峰の万年雪が地下水となり、この地に豊富に湧き出るのです。

*** (次回に続く) ***
*** 「(3)ウィスキーなど, (4)コロネーション」 に戻る ***

(注記)
(*1) BORNRICH: Luxury Items/Whisky.


にほんブログ村 旅行ブログへ